フリーランスで独立して、メインPCはMac。
本当はMacで会計や確定申告のソフトで処理をしたいけど、なかなかMacに対応しているPCソフトって少ないですよね。
昔ながらのマカーにとってはソフトが少ないのは慣れっこかもしれませんが、仕事や税の関係で、経理業務や確定申告の準備などは絶対しないといけない作業です。
どうせやるならなるべく簡単に会計ソフトを利用して進めたいですよね。

macで使える会計ソフトって限られていて、使い勝手の良くないソフトしかないのでは?と思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

  • え?macで使えて便利な会計ソフトってあるんだ!
  • いちいち会計のためにwindowsを立ち上げなくていいから楽!
  • マカーでも会計ソフトをあきらめなくてもいいんだ!

といったように、macで使える会計ソフトって結構あるんです。

こちらのサイトではそんなマックをメインで使っているフリーの方や個人事業主の方に向けて、macでも使える会計ソフトのラインナップと、選び方を紹介しています。

読んで頂く事でメインの仕事はmacだけど、会計をするときは仕方がなく専用のwindowsを立ち上げる…というめんどくささからは解放されますよ。

これだけは知っておきたい2つの会計ソフトの形

まず最初に知っていただきたいのは会計ソフトにも2つの種類があるということです。
この2つの種類の特性をしっかりと理解することであなたに合ったmacで使える会計ソフトを選ぶことができます。

インストール型会計ソフト

1つめは昔からある形の会計ソフトです。
これは、パソコンにソフトをインストールして使うタイプの会計ソフトです。

一番定番なのは「弥生会計」ですね。会社でも導入されているケースが多いので、あなたももしかしたら使ったことがあるかもしれません。

でもこの有名な弥生会計でもmacには対応していないんですよね…。

クラウド会計ソフト

もう一つはクラウド会計ソフトです。
最近の「フィンテック」という言葉でも有名ですが、金融システムの新しい形です。
会計サービスがクラウド化していて、「いつでもどこでもどんな環境でも」ネットにさえつながっていれば使うことができるのが特徴です。

なので、macであろうがwindowsであろうが使えますし、事務所以外でも移動中のスマホや、自宅でテレビを見ながらCM中にタブレットで会計処理を進めることができます。

インストール型会計ソフトとクラウド会計ソフトどっちを選べばいいの?

では会計ソフトを選ぶときにインストール型とクラウド型どちらを選べばいいのでしょうか?
これはそれぞれの特徴をしっかりと把握してメリット・デメリットを把握することで選ぶことができます。

インストール型会計ソフトの特徴

インストール型会計ソフトのメリット

インストール型会計ソフトのメリットとしては、インストールさえしてしまえばネットに繋がっていなくても利用ができるので、安全面で安心できることがあげられます。
パソコンが外部から攻撃されるのはほとんどが、オンラインを経由して攻撃されてしまいます。

ただし、インストール型会計ソフトを使っていても、オンラインにつなぐ!というのであればセキュリティ面でのメリットは失われてしまいます。

もう一つのメリットは、昔からあるソフトが多いので、他のソフトを使うのは不慣れなので嫌という方にはおすすめです。
ただし、mac使いの方が使えるのは比較的新しいソフトばかりなので、あまりこのメリットは享受できないかもしれません。

インストール型会計ソフトのデメリット

デメリットとしては、税が変わってしまうと対応できないということです。
あらかじめ改正されることがわかっている場合は、あらかじめ対応しているようにソフトを作って販売されるのですが購入したときに予定されていない改正があった場合、買い替えなくてはいけません。

直近でも消費税が変わったり、控除額が変わったり様々な税の改正がありました。
もし使っていたインストール型会計ソフトが改正に対応していなければそのたびにソフトを買い替える必要があります。

クラウド会計ソフトの特徴

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトのメリットは、macでも全く問題なくwindowsと同じように会計ソフトが使えるということです。
また、IDとパスワードさえ覚えておけば、どんなパソコンやスマホからでもログインできます。

なので、インストール型会計ソフトの場合、「インストールしているあのパソコン!」からしか会計処理はできませんが、クラウド会計ソフトの場合家でも会社でも移動中でもネットにさえつながっていればどこでも会計処理ができてしまいます。

今までのパソコンを買い替える度にデータを引越ししたり、スペックの低いパソコンでわざわざ会計業務をしなくてもよくなるのです。

もっというと、スキマ時間に仕訳作業とかができてしまいますので、ちょっとした移動中や寝る前スマホでちゃちゃっといじって仕訳終了!という使い方もできてしまいます。

常に最新のアップデートをされた状態で使える
インストール型だと買い替えるまでアップデートはできませんし、確定申告のソフトであれば毎年買い替える必要があります。
クラウド会計ソフトであれば、アイフォンのアプリみたいに更新があれば、常に最新の状態にアップデートしてくれるので、常に最先端の会計ソフトを利用することが出来ます。

まだまだこれから便利になっていくソフトなので、次々に新しい使いやすい機能が更新されていきます。

クラウド会計ソフトのデメリット

クラウド会計のデメリットは、比較的新しいソフトなので、いつもの会計ソフトと使い勝手が違うことがあります。

特にクラウド会計は、会計知識がない方でも簡単に確定申告の書類が作れるといった機能を売りにしているので、会計知識がある場合仕訳などで少しやりにくさを感じるかもしれません。

といっても、使っていけばほとんどの仕訳が自動的に済んでいきますし、使っているうちになれてくることがほとんどです。
もしあなたに会計知識が無かったり、初めて会計ソフトを使う!のであれば、まったくデメリットを感じることはありません。

クラウド会計とインストール型会計ソフトの違いまとめ

違いをまとめるとこんな感じです。

よっぽどのことがない限りはmacを使っている方はクラウド会計を使うことをおすすめします。

macで使えるクラウド会計で代表的なソフトは?

macで使えるクラウド会計もいろいろなソフトがあります。
代表的なソフトは元グーグルの社員の方がスタートアップされたfreee会計ソフト、その後を追ってクラウド会計ソフトをリリースしたのがMFクラウド会計・MFクラウド確定申告、そしてクラウド会計のシェア拡大に伴ってインストール型会計ソフトのトップである弥生会計がリリースしているやよいの青色申告オンライン・やよいの白色申告オンライン・弥生会計オンラインです。

macで使えるどのクラウド会計でどれがおすすめなの?

3つの有名なソフトがあるのですが、「macで会計をしたい」というニーズに限って言えば、選択肢は「freee」と「MFクラウド」のどちらかに絞られます。

というのも弥生のクラウド版はmacで使うと機能が制限されすぎていてクラウド会計のいい部分を一切使えないためです。(金融機関自動連係が使えませんし、一つのパソコンからしかアクセスできません。)

そこで、macで会計をしたい方でどんな人がfreeeに向いているのか?
どんな人はMFクラウドに向いているのか?を紹介したいと思います。

freeeが向いているmac使いの方

freeeは会計知識が全くなくても使えることが特徴のクラウド会計です。
もしあなたが会計知識がないけど確定申告をしなければならない!という場合、freeeが一番合っています。

金融機関と連携させることで、クレジットでの引き落としなどが自動的に仕訳されて書類を作成してくれます。
クレジットや連携した金融機関を使用することでほとんど何もせずに会計処理をしてくれるのがfreeeの特徴です。

MFクラウドが向いているmac使いの方

MFクラウドが向いている方は、この先ある程度会計知識をつけていくつもりがあったり、MFクラウド会計や確定申告に関連するサービスを利用するつもりがある方です。

クラウド会計のメリットである、仕訳の自動化機能も充実していますのである程度自動的に振り分けて仕訳をしてくれます。あとは最終的に間違っていないか承認していく作業だけを行います。
見た目もfreeeよりも複式簿記を意識した作りになっていますので、会計について少し知っている方でもとっつきやすい見た目です。

逆に完全に会計が初めてで勉強したことがない!という方にとっては少し難しさを感じる見た目になっています。

またMFクラウドの請求書発行サービスや給与計算ソフトなど関連したサービスを利用する予定があるのであれば、バリューパックというまとめてお得に使えるソフトがありますのでおすすめです。

macで使えるインストール型会計ソフト

どうしても、インストール型会計ソフトがいい!という方のために、macで使えるインストール型会計ソフトについてもご紹介します。

といっても、macで使えるインストール型会計ソフトは数は少ないです。
しかも最近ではクラウド会計ソフトが主流になっているので、これからも種類は減ってしまうかもしれないです。

例えばA&A会計はmacで使える数少ない会計ソフトだったのですが、消費税が10パーセントに引き上げる法律改定をアップデートできる開発余力がないので、販売中止になってしまいました。

他のソフトもクラウド会計にシェアを奪われる中で、今後の法律改定に対応してくれるかどうかは未知数です…。

下の二つがmacで利用できる会計ソフトですので、ご利用ください。

■Macの会計
http://www.magrex.co.jp/products/MacG/kaikei/
■やるぞ!確定申告
http://www.riocompany.jp/yaruzo/