開業をしてみたはいいけど、ぶち当たる壁の一つが「会計業務」です。

会計知識があったり、税理士に会計を丸投げできる経済的な体力があるのであれば特に問題ないのですが、「何も会計知識がない・・・。」という場合会計の業務をするのってとても難しいです。

一から勉強して、なんとかエクセルで作ってみても仕訳の大変さはなくなりません。
白色申告であれば、割と簡単に会計資料が作れるのですが、複式簿記の知識が必要となる青色申告の確定申告書類を作るのは素人には至難の業です。

でも「クラウド会計ソフト」を使うと簡単に節税効果の高い青色申告書類を作れるんです。

しかも会計知識がない素人でも簡単に作れてあとは提出するだけです。

今回は会計素人が青色申告書類を作るのにクラウド会計ソフトを使うべき3つの理由を紹介させていただきます。

理由1:自動的に取引データを引き込んでくれる

クラウド会計の大きな特徴として挙げられるのが、「自動取引取り込み機能」です。

この機能は金融機関とクラウド会計ソフトを連携させることで、自動的に取引をデータとして取り込んでくれる機能です。
例えば、クレジットカードで事務所の家賃を支払うと、自分では何も操作せずに家賃が「地代家賃」として仕訳されてクラウド会計ソフトに取り入れてくれます。

今の時代、多くの取引を銀行振り込みや、クレジット支払いで済ませることができますので、ほとんどの仕訳業務を自動化することができます。

唯一、現金でのやり取りが多い場合は自動取り込みに対応していないので若干このメリットが活かせないのですが、次にあげる理由でカバーしています。

理由2:現金取引もカメラで簡単にクラウド会計に取り込みができる!

現金でのやり取りもクラウド会計はしっかりとカバーしています。

現金でやり取りした場合、レシートをスマホのカメラで撮影して、専用のソフトで読み込むだけで文字情報を読み込んでくれて自動的に仕訳登録してくれます。

金融機関自動連係機能と比較すると、カメラで撮影するひと手間はかかってしまいますが、ひと手間だけで会計業務を完了できてしまうのでとても簡単です。

理由3:クラウド会計は常にアップデートしているので常に最新版が使える

基本的に会計ソフトは、一度買うとそのままの機能です。
毎年買い替えが必要なので、その時にアップデートされていればやっと、新機能が使えるという感じになります。

クラウド会計の場合常に最新版にアップデートされているので、便利な機能が追加されればすぐに使えます。
さらに税のルールが改定されたり、税率が変更になっても自動的にアップデートされるので、法律が変わるたびに会計ソフトを買い替えるコストはかかりません。

まとめ

今から会計ソフトを使い始めるなら、クラウド会計ソフトがおすすめです。

freeeのソフトが会計知識がない方でも簡単に使えるNo.1おすすめのソフトです。

開業届を出したけど、会計をどうしようかなと困っている方は最初の1か月は無料で使えますので、とりあえず登録してみてクラウド会計ソフトがどういうものなのかぜひ試してみてください。

⇒簡単に会計ができるfreeeの詳細を公式HPで見てみる